« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の2件の記事

2011年1月 9日 (日)

立ち止まっていたはダメ!前に進まないと!!

古くは、

母が死んだときも、

好きな人が突然いなくなったときも、

高田馬場で飲んだくれ、気が付いたら相模大野のホームのゴミ箱を抱きかかえてたときも、

初めてスキーに行って頂上の上級者コースまで連れて行かれたときも、

一升瓶かかえて大好きな人の前で「桃太郎侍」を披露したときだって。

 

それに最近じゃ、

結婚式でふくよかすぎて着られるウェディングドレスが数着しかなかったときだって、

陣痛で4日間苦しんだあげく帝王切開になったときだって、

苦しんで産んだあげく、育ててみりゃ、算数5点のテストを持って帰る娘も

リストラにあってすぐ働き口見つけてくるかとおもったら、9ヶ月も無職で旦那が家にいられたときだって。

 

ジタバタして、泣き叫んでわめいたってどうにもならないものです。

泣き叫んでメソメソして立ち止まっている間に時間は平等に過ぎていくものです。

 

歩きださないと何も始まりません。

 

歩きださないと人間進歩いたしません。

 

 

人生ウン十年。
そんなこたぁ、百も承知でございますし、イロイロなアクシデントに見舞われたワタクシ、身をもって前に進んできたつもりですし、これからも前を向いて進んで行こうと思っておりますが、、、、、、、

 

 

Cimg3046

年末年始、半べそかきながら夜中までかかって仕上げた107枚のお帽子はリボンの取り付けを反対にしてしまい、送った次の日に戻ってまいりました。。。。。。crying

帽子本体からリボンを取り外し、、、

作り直して、

付け直し。

 

 

 

積み重ねられたダンボールを前にジタバタしたって、

半べそかき、頭クラクラしながらつけたリボンを取り外さなくちゃいけないって事ぐらいわかってるよん。。。。

わかっちゃいるけど。。。。。crying

 

 

 

前に進まなくちゃ。

前に進まなくちゃ

終わらないよ。。。。。。。。。。。crying

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

 

 

掲載した写真は
「人生とはなんぞや?」
「アタシの苦労は報われぬものなのか???」
と旦那がリストラされたときさえも考えなかった事を考えながらリボンを取り外し終えたものでございます。。。。。。

  

 

 

 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

明けました!!お正月!!!

 

あけまして おめでとうございます。

 

遅ればせながら、新年初のブログ更新でございます。

昨年末にコメントをくださった皆々様。本当にありがとうございます。
先月は不覚にも3回しかブログ更新できませんでしたのに、忘れずに私のことを覚えていてくださって本当に感謝カンゲキ雨あられ~~♪でございます。

年もあけ、6日もたってしまいました。

お返事を・・・と思いつつ、なんだかタイミングずれたぁ?感がありまして、ここでお礼申し上げます。

 

さてさて。。。。

年が明けて6日も経ったわけです。

山形のお正月は年末ニュースで豪雪と聞いていたわりにはあまりふっておりませんで、万が一、途中で足止めをくらってもいいようにとバック一杯に持った食料は食っちゃ寝正月に輪をかけて、秋ごろにはスカスカだったズボンがなぜかボタンが悲鳴をあげる結果となってしまいました。

たったの3,4日で人間5キロは増えることを証明した私は、年初に当たっての目標が相変わらずの「ダダダダ・・・ダイエット!!」となったしだいでございますcoldsweats01

 

食っちゃ寝な正月3が日を過ごした私は、年末にダンボール3箱来た帽子の内職を貯めに貯め、切羽詰らないと行動を起こさない悪い癖は治らず、ここ連日深夜おそくまでチクチクしておりました。

そして、

本日、やっと納期ギリギリ107枚の帽子は完成し、やっと私にもお正月がやってきたという次第でございます。 

  あぁ。。。。
  やっと正月休みだよ。何をする?

やっとノンビリしよう思ってたのに、、、、気が付きゃ明日からまた仕事だよ。。。。。crying

今年もいつもと同じにバタバタと過ぎてくのかな?

去年の分までノンビリしようかと思ってるのに、ヤッパリ無理?????

 

 

 

そんな私ではありますが、

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

 

まずは、

ご挨拶までsmile

 

 

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »