« 暑い日が続いたときは《山形のダシ風》で!! | トップページ | 丸じゃなくて良いんだ!!《ペットボトルケース》 »

2008年7月26日 (土)

元気になってしまった爺さん!?

オーちゃんの幼稚園の「盆踊り大会」の準備にかまけて、

この1ヶ月まったく爺さんの家にいっていなかったワタクシであります。

 

昨日は、病院で月一の検診日。

一人ではさすがにまだ移動できませんので、

オーちゃんを幼稚園の預かり保育にお願いして同行してまいりました。

 

4月に退院して以来、自宅で、半分寝たきりになっていた爺さん。

毎日、朝昼晩とヘルパーさんに訪問していただき、

食事の世話など

爺さんはモチロン、日中仕事に出ている、姉も、ワタクシも

安心してお願いできておりました。

 

退院してきたときは、自力で立ち上がるのがやっと。

トイレへは介助があればユックリと歩いていける程度でありましたが、

退院から3ヶ月たった今、体重は元に戻らないにせよ、

自力で歩き、トイレへ行け、

家の中は自由に移動できるようになりました。

(あぁ、、、もちろん、まだ階段は登れませんが。。。。)

 

元気になってきた証拠!!

本人は、もう完璧な気分ではおりますが、

さすがに、一人にしておくのは心配ではあります。

 

 

しかし、、、、、

しかし、であります。

ここで、問題が発生!!

介護認定が軽くなりそうなのであります。

元気になってきたのは確かに大変喜ばしい事ではありますが、

元気になってきたので、数ヶ月ごとにある介護認定の査定で

ランクが軽くなりそうなのです。

 

今のランクですと、

毎日朝昼晩とヘルパーさんがきてくれ、

そして、週に1度訪問看護の看護士さんが小額で訪問してくれるのでありますが、

もし、ランクが軽くなりますと、

ヘルパーさんの訪問が減り、負担額がとても増える状態となります。

 

ワタクシ、この介護制度に明るくありませんので、

爺さんから聞いた話だけでしかわかりません。

 

もし、ヘルパーさんが来なくなったら、

日々の生活が不安となります。

ワタクシが毎日いけばいい事ではありますが、

確実に約束は出来ないのであります。

 

 

元気になってきたことをとっても喜んでいる反面、

喜べないのも事実。

複雑な心境であります。

 

爺さん本人は、

 もう、オレは大丈夫だ

と言いますが、

酸素吸入器を年中している人が大丈夫なわけがありません。

 

 

 

先日行われた審査。

結果は8月中旬以降。

ちょっと不安交じりの日々が続きます。

 

 

 

 

 

 

 

             爺さんとカレー南蛮を食べてきました!!

               応援クリックお願いします!!

                 ↓ ↓ ↓ ↓

                   にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

|

« 暑い日が続いたときは《山形のダシ風》で!! | トップページ | 丸じゃなくて良いんだ!!《ペットボトルケース》 »

ふるさと の事」カテゴリの記事

コメント

なんだか 政府のやり方や 行政の考え方が だんだん 見えにくくなってきてますよねー!
たっかい 介護保険料を取りながら・・・(昔は 介護保険なんてなかったのに) 介護を必要としている人が 実際にいるのだから 
それは 甘えでもなんでもなく 必要なのだから
そこんとこ 杓子定規に測らず 柔軟な姿勢を見せて欲しいですね!
BUNちゃん だけでなく 我が家も 3人の老人を抱えて 今はよくても その内必ず 介護の手を 出さなければ いけないので
ほんとに この話題は 見につまされます!

でも ほんまに 元気なのが 何よりです!
どんな体制でも いてくれるのが いいのです!

投稿: せっせと毎日ちくちくと☆ | 2008年7月26日 (土) 09時28分

ここ近年の国の介護支援や障害者支援、度重なる憲法改悪の結果、どんどん悪化の一途をたどっているようですね。
国民が政治に興味を持たなかったのが悪いなんてよく言いますが、やはり悪いのは政治家と役人では?

いずれにしても、いいペースで回復していることは喜ばしいことです。
応援ぽちっ☆

投稿: チャッキーパパ | 2008年7月26日 (土) 09時39分

うれしい反面、困りますね。
それはそのような問題に直面した人にしかわかりませんね。
本当に人間を大切に考えて欲しいと思います。
お父様やBUNちゃんさんが、困らないようであってほしいと
切に願うものです。
明日の私の問題でもあるのですから。

隣に来ています。
爺が、PCのやりすぎだと言わないように
こそこそやっています。(エヘヘ、うまーくやるからさ)
ただ、このうちのPCは顔文字も出ないのよ。
借りて悪口いえないけど・・・

投稿: ウッシー | 2008年7月26日 (土) 10時12分

こんにちは。

元気になってきたのは嬉しいことですが、

ちいさな子供がいて介護は大変ですよね。

ゆっぴいにも介護の経験ありますが
自分の家のことは何もできなくなっちゃうの。
子供が具合悪いときとか。。。どっちを優先すればいいの?
って悩みました。

国ももうちょっと、お金の使い道を考えてもらいたいものだわ!


投稿: ゆっぴい | 2008年7月26日 (土) 10時35分

せっせと毎日チクチクと☆様
いつもコメントありがとうございます!!
 
役所に行くと、この問題はあの課で、これはあっちの課であぁそれはここの課ではありません。といっつもウロウロします。
だいたい手続きが面倒なのです。
 
ほんと、でも、そこに居てくれるだけでいいですねぇ。
ずいぶんと小さくなってきていますけどsmile

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 14時16分

チャッキーパパ様
いつもコメントありがとうございます。
 
いっそのこと日本も「大統領」制にすればいいのに!!といつも思います。そうしたら、もう少し政治家も私含め国民も真剣に考えるだろうにと。結果はどうであれ、それは自分の責任になるのですからねぇ。
 

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 14時20分

ウッシー様
ほんと、「どうしよう、どうしよう」と困らなければいいのです。
簡単なことがとても難しい世の中です。
なんか、中途半端なんですよねぇ。なんでも。
 

うふふふ。
楽しい事は隠れてするともっと楽しくなりますねぇ。
まるで、子供の頃のイタズラみたいでsmile 
でも隣のPCは真面目なPCなんですねぇ。

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 14時25分

ゆっぴい様
いつもコメントありがとう!!
 
ゆっぴいさんも大変でしたネェ。
私はまだでも、本当に幸せなんだと思います。
もっと、もっと大変な方は沢山いるのでしょう。
そんな中での弱音。。。。
いやですねぇ。自分で嫌になりますcoldsweats01

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 14時28分

快方に向かってるお父さんを大切にしてあげてくださいね!
そして介護認定がうまくいきますよーに!!
お父さんが不便にならず、BUNちゃんたちも負担にならない認定になるといいのよね。
 
それにしても・・。
いつかみな老いるし病むのに、どうしてこんな大事な問題を放っておくんだろう??
老後を安心して過ごせないこの国は、おかしいと思います。
 
3年前、両親が相次いで入院した時を思い出しました。
往復3時間かけ兄夫婦と協力しながら付き添いました。
そして驚き悩みました・・病気が悪化してるのに3ヶ月で別の病院を捜すように言われましたから。
今も亡き両親を思い出す時、病院や医師に対する不信感があります。

本当に福祉や介護、医療制度をもっと考えてほしいです!!

投稿: ビオラ | 2008年7月26日 (土) 14時31分

私から見ると「これって建てる必要あるの?」なんて思ってしまう建物に億単位の税金が使われていたりするんですよね…。維持費もすごくて結局自分で自分の首を絞めているだけなんてのは当たり前。のものばかり…。
それだけのお金を福祉や介護に使ったらどんなに有効に使われるか!
国民が納得できる税金の使い方をお役人にはしてもらいたいものです。
それはそうとお父さん元気になってよかったですね。
応援凸♪

投稿: ちろ | 2008年7月26日 (土) 15時21分

複雑な気持ちよくわかります。
私の母も最期のほうはヘルパーさんが週2回来ていました。
なかなかヘルパーさんに来てもらうことも承諾しないわけで・・・・私は元気なんだから・・・って感じで。
認定を重くするということではなくて、見栄というかなんというか、自分はまだ大丈夫といいたいので、軽く言ってしまうところが多々あるようで、
私は大げさに言っておくのよと母には言っていました。
ちゃんと自分の実態に合った介護をしてもらえばいいのですが、なかなか大変のようです。実際と認定の一致。

投稿: T・A・M・A | 2008年7月26日 (土) 16時46分

お父様、元気になってこられてホント、よかったです。
子どもにとって親は何もしてくれなくても、いてるれるだけで心のよりどころになってくれてますからね。
回復してうれしいのは当たり前。
うれしいことを素直に「うれしい」と喜べない世の中って、おかしいです。絶対に間違ってます!!

政治家にとって、政策は選挙で勝つための票取りの手段のひとつでしかないように思えてなりません。中には本当に社会のこと、国のことを一生懸命考えている人もいらっしゃるとは思いますが・・・。
『公僕』という言葉が当てはまる政治家やお役人・・・日本に一体何人いるのでしょうか???

「踊る大捜査線」の織田裕二の言葉・・・「事件は会議室で起きてるんじゃないっ!!」の言葉を借りて・・・
「人々の生活はお役所にあるんじゃないっ!!」と言いたい!!

投稿: SAKURA | 2008年7月26日 (土) 16時54分

なんだかその認定も何を基準としているのか・・・
わからないですよね・・・
一事が万事でなんか皆、負担金を多く払ってもらおうとしているのでは?
と疑ってしまいますわ(><)

投稿: BUN | 2008年7月26日 (土) 17時20分

ビオラ様
いつもコメントありがとう!!
 
認定査察のときに、爺さんに「ボケたフリ」をしろと言ったのですbleahはははは。でも、だめですねぇ。「オレはボケていない!!」後の事を考えず目イッパイがんばっちゃった爺さんですcoldsweats01
 
爺さんが入院していたのも、きっちり3ヶ月でした。
あの制度はおかしいです。爺さんは元気になってきましたが、3ヶ月で快方に向かわない人だって沢山います。それこそ、精神的、肉体的に不安材料になります。
医者にいったところで、制度がそうなってますので・・といわれるばかりで、埒が明かないし。本当に少しおかしいです。

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 21時29分

ちろ様
いつもコメントありがとう!!
 
介護関係もそうですが、もっと国は「少子化対策」もして欲しいものです。以前勤めていた会社では産休が出産前後あわせて2ヶ月しかありませんでした。産休があるだけマシかもしれませんが、知り合いの女性で仕事が公務員の方は、1年半もありました。変な世の中です。
役人、政治家は世間知らずばかりで困ります。
って言ったら怒られるかなsmile

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 21時32分

T・A・M・A様
いつもコメントありがとうございます。
 
私の姉は独身で、父と暮らしています。
父は結局、「一人暮らしではない」と判断されてしまうのです。でも、じゃぁ、姉が面倒見れるかと言うとまた別で、姉もこれからも働いていかなければいけません。
どこに負担がかかるかなんて、結局、今の制度は考えていないのです。どうやったら、お金を出さなくてすむかしか考えていないのだと思います。

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 21時35分

SAKURA様
いつもコメントありがとうございます。
 
ほんと、複雑な気分です。
いつかは自分達も年取るのですが、それがとても不安になるのは少しおかしい世の中です。
税金が上がったりと、自分に降りかかる負担はつらいですが、安心できる生活が送られるならそれもアリかな?と考えます。
 
政治家は忘れてしまうのでしょうね。最初の気持ちを。
ある意味かわいそうな職業です。

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 21時39分

BUN様
いつもコメントありがとうございます。
 
爺さんは介護認定のほかに、障害者手帳も給付されているのです。まぁ、これがまた曲者で、確かに制度はありがたいのですが、??????となる事ばかりです。
介護制度にせよ、なんだか、これは、年取ったらトットとおさらばしてくれ!といわんばかりに思われます。
 
ってことは、いつまでも健康でいて、おさらばするときはポックリがよろしいようですよ。。。

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年7月26日 (土) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/458586/22556928

この記事へのトラックバック一覧です: 元気になってしまった爺さん!?:

« 暑い日が続いたときは《山形のダシ風》で!! | トップページ | 丸じゃなくて良いんだ!!《ペットボトルケース》 »