« 出来上がった《オバちゃんズボン》 | トップページ | この痛さはエコ的生活への第一歩? »

2008年5月 1日 (木)

笑顔の行方

上野動物園のパンダ「リンリン」が死んでしまいました。

・・・・。

死んでしまいましたっていうのも可笑しいな。

亡くなりました。。。。。。動物に対して変?

ご逝去・・・・・・これも変だし。

鬼籍に入りました。。。。。。もっと変。

・・・・。

とにかく、天寿を全うし死亡いたしました。

 

パンダには遠い思い出がございます。

日本に初めてやってきたパンダ「カンカン」と「ランラン」をまだ小さな子供の頃に父と2人で見に行った事があります。

今はどうだかわかりませんが、

当時はパンダのブースを見るには「大人レーン」と「子供レーン」に分かれていて子供は前の列、大人は後ろの列に並んで見なければなりませんでした。

多分、当時5歳前後だったワタクシは

パンダを見た記憶はないのだけど、

大変混んでいる中、父が離れてしまう事に異常に恐怖を覚え

パンダを見ないでずっとパンダとは反対の方を向いて父を探していた思い出がございます。

 

 

その事を昨日実家の父に話しました。

父は遠い目をして、

  上野動物園にパンダを見に行った覚えはあるけど、

  それが、お前か、姉ちゃんだったかは忘れちゃったなぁ。

そう、いわれました。

もう、30年以上(もっと!)昔の事。忘れて当たり前カナァ。

上野まで、電車に乗って行ったと申しておりました。

いくら、神奈川に住んでいるとはいえ、上野までは電車で2時間近くかかります。

小さな子供を連れてよく電車で行ったものです。

特にワタクシ、お腹の燃料が切れると泣き叫ぶ子供でしたので、

大変だったのではないのでしょうか?

(さすがに、いい大人になったので泣きはしませんが
               燃料が切れると今でも叫びます。)
 

 

そんな父ですが。

病院から退院して家に帰ってきて1ヶ月が過ぎました。

毎日、3回朝昼晩とヘルパーさんに訪問してもらい、

生活面、食事面は安心しております。

でも、

1日に会い、会話する人が限られてきます。

ヘルパーさんだって、お仕事で来ていただいていますし、

1時間づつだけですから、話相手ではありません。

ヘルパーさんが帰ったあと、

ワタクシが訪問して、帰ったあと

長い時間を一人で過ごします。

 

父は昔の人間です。

趣味ももたず、ひたすら、働いてきた人間。

長い時間を過ごすのは、ラジオとテレビだけ。

 

ワタクシがもっと話相手にでもなってあげれば良いのでしょうけど、

さすがに、それも無理。

 

だんだん、

ワタクシとの会話も少なくなり、

父から笑顔も少なくなりました。

 

毎日、1日が終わるのだけを待つ父。

そんな父を見ているのが、最近では少し苦痛です。

もっと笑顔が多くなるにはどうしたらいいのかな?

 

父に、

  何か暇つぶしにやってみれば?最近じゃぁ大人用に塗り絵もあるよ。

と申しましても、今更そんな事はやりたくないと申します。

 

 

 

父に限らず、老人ホームに入所している伯母も同じです。

先日できあがったズボンを昨日、父の家の帰りに届けに参りました。

伯母はズボンを喜んでくれたんだろうか?

伯母が好きそうな色合いの生地で作ったのに。

渡したら、「あぁそう。ありがとう」だけでした。

職員さんが、「作ったの?すごいわねぇ。」と褒めてくださっても

「こんなの、簡単よ」と伯母は言います。

 

何を望んでいたのかな?

「すごいねぇ。BUNちゃんありがとう!!大切にするね」  かな?

「よく作ってくれたわねぇ。上手よ~」   かな?

「これ姪が作ってくれたズボンよ!見てみて!!」  かな?

 

「こんなの、簡単よ」  ではないことは確か。

 

外面が良い伯母、謙遜するのが当たり前に生きてきた伯母。

決して、身内を褒めない伯母。

わかっているけど、ちょっと悲しかったなぁ。

 

そんな伯母も毎日、変わらない生活。

朝起きて、ご飯を食べて、

10時におやつ。

お昼ごはんを食べて、

3時におやつ

夕ご飯をたべて

寝る。

お風呂は月曜日と木曜日。

 

あとは、何もしない、何もない生活。

 

80近い伯母は物忘れは多少あるけど、

頭はしっかり。

頭がしっかりしすぎているから、自分の状況が余りにも不甲斐なく。。。

そして、父と同様、笑顔が少なくなってきているのです。

 

  伯母ちゃん。なにかホームの生活で不自由してない?
  何か、欲しいものとかない?

と聞いても

  何もないよ。

ばかり。

 

伯母も70近くまでひたすら働いてきた人間。

趣味なんてありません。

 

そして、伯母も

毎日、1日が過ぎるのだけをホームで待っているのです。

 

笑顔も無く。

 

 

 

ワタクシにできる事は、ただただ、ワタクシの笑顔を振りまくだけです。

それしか今のワタクシには出来そうにありません。

そして、

年取ったら待っている長い長い時間を過ごすために

趣味を沢山、見つけておこうと思う日々でございます。

 

 

・・・・・多趣味の言い訳へのこじつけですが・・・・bleah

 

 

 

happy01happy01  いつもご訪問ありがとうございます。happy01happy01

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ ← 応援お願いいたします!!

 

 

 

|

« 出来上がった《オバちゃんズボン》 | トップページ | この痛さはエコ的生活への第一歩? »

ふるさと の事」カテゴリの記事

BUNちゃんのボヤキや愚痴」カテゴリの記事

コメント

BUNちゃんさんはえらいです。
お父さんと伯母さんにこんなに気遣いしているなんて(TT▽TT)ダァー
伯母さんはBUNちゃんさんを本当の娘のように思っていて甘えてしまっているのかも知れませんね。
望んでいるわけではないけれどやはり頑張って作った分ショックですよね。

身内の人から笑顔が消えていくのを感じるのはつらいです。
なにか「打ち込めること」とかないのかな?
お父さんは退院したばかりでまだ落ち着いていないのかしら?
伯母さんもお父さんもなにか良い趣味が見つかるといいですね。
…なんの役にも立てなくてごめんなさい<(_ _)>
応援凸♪

投稿: ちろ | 2008年5月 1日 (木) 10時30分

同じ事を書きますが、貴方は偉いです。
でも、たとえ笑顔がなくてもね、ご本人さんは嬉しいのですよ。
感謝しているのですよ。すんごくね。
それを表さないだけです。
何故表さないか、、、それは真面目で誠実だからです。
そして、心の奥で、すまないねぇと思っているから。
そして、多分、自分の不甲斐なさを悲しんでいるから。
大体、本当に感謝してると、あんまりへらへら出来ないと私は思うのです。
でも私は勉強になりました。将来、若い人の世話になる時は無理してでもへらへらして喜ぼう。
「私馬鹿よねぇ、こんなにヨレヨレになってしまって。ウフフ、、、ありがとね、ありがとね。」

ブログの時代にばあちゃんしてて幸運でした。

投稿: ウッシー | 2008年5月 1日 (木) 11時26分

ちろ様
いつもコメントありがとうございます。
 
ありがとうございます。
今、こうして、ブログに毎日ぼやいたり、愚痴ったりできる事はありがたいことです。
こうして書くと、ちろさんや、他の読者の方がこんなに親身になって考えてくれる事が本当に嬉しいです。

何にも役に立てなくて、なんていわないで下さいね。
そこに、ちろさんがいるだけで私は元気モリモリですよgood!!

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 1日 (木) 12時09分

ウッシー様
いつもコメント本当にありがとうございます。
 
多分、私自身でもわかっていると思うのです。
父にしろ、伯母にしろ感謝してくれているのが。
そうなんです。わかっているんです。
そんなのわかっているのに、私は何を望んでいるんですかねぇ。
時々、私はジタバタジタバタとしています。
 
ウッシーさんは大丈夫ですよ。
沢山、趣味もあるし、こうして、パソコンでおしゃべりも出来るし。
万が一、誰か若い方にお世話になるときが来たら、気兼ねなんかしてないで無理はせずに、1日1日を楽しんでもらいたいでぇすhappy02

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 1日 (木) 12時23分

そうです。BUNちゃんは偉いです。
介護の真っ只中にいる時は、周りにいくら「大変だね」「偉いね」と言われても“同じ立場におかれてない人にこの苦労分かる訳ない”ってひねくれ者の私は思っていました。
お父様や伯母様の笑顔が消えていくことに憂慮できるBUNちゃんはやはり偉いのです。

舅はあっという間だったし、実家の父は母が中心に面倒見ていてくれたし、一番看たのは姑。
長男の嫁なんだから姑の面倒を看るのは当たり前と言うような人だったので最後まで感謝のことばはありませんでした。
それでも亡くなって何年も経つと私が年老いた時のあり方を教えてもらったのかなって思います。

投稿: SAKURA | 2008年5月 1日 (木) 12時54分

sakura様
いつもコメントありがとうございます。
 
そうでしたか。SAKURAさんはお姑さんのお世話していたのですね。お疲れ様でした。
当たり前のことをするのもナカナカ難しいものです。
もっと前にお知り合いになれていたら、イロイロとお話も聞いてあげることが出来たでしょうに。
旦那のターさんは次男ですが、長男がもう他界しているので、本当は田舎にいる義母の面倒を見なくてはいけない立場なのです。幸いにも義母は元気に毎日畑仕事をしていますが、いつなにかあるかわかりません。
 
10年前には考えて見なかった事。考えてはいたけど、縁遠いと思っていたことが現実になっています。
 
って、コメントのお返事にさえグチグチと書いてしまう事をお許しくださいね~heart02
 
もし、でもこうして書いていなかったら私は一人で悶々としていたと思います。
ありがとう。ありがとう。ありがと~う!!

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 1日 (木) 13時07分

先日一本のDVD(映画)を見て、一生懸命世の中を考えているブログを読んだ日から私は知っていましたsmile BUNちゃんはえらいlovely
同じ環境にいてもひとりひとり感じること・考え付くことは様々で、「笑顔が消えていく」と感じたBUNちゃんは、おふたりにとてもたくさんの愛情を持って接しているんだなぁと思いました。『会いに行く』簡単そうで、なかなか難しいことですよcrown
私はブログという世界に出会えて100倍人生が楽しくなった気がします。と同時に100倍気持ちが軽くなっていくのがわかります。
ぼやいて下さいhappy01 それが誰かの元気につながっていますからfuji

投稿: ち~ | 2008年5月 1日 (木) 16時47分

ち~様
いつもコメントありがとうございます。
そして、
ち~ぃ~さん!!ありがとうheart02
 
私もブログを始めて楽しくなりました。
そして、こんなに一緒に考えてくれる方々と出会えて本当に嬉しいheart04
ち~さんから私は沢山元気を貰ってます。

 

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 1日 (木) 18時08分

すみません、2度目のコメント登場ですcoldsweats01
今洗い物をしていて突然思い出しましたsign02一昨年秋、97歳で祖母がなくなりました。死ぬまで頭がはっきりとしていて、施設では「口うるさいばぁさん」として有名だったのですが、、、亡くなる半年位前からみんなに「ありがとうね」と、ことあるたびにお礼を言うようになったのです!面会に行った母はうれしいやら不安やらで複雑だったそうですthink
ですから、、、自分の気持ちを素直に出せない伯母さんは元気だって証拠ですよsmile

投稿: ち~ | 2008年5月 1日 (木) 18時12分

こんばんは~。

先月、私も義父を亡くしまして…
考えるものがあります。

笑顔がなくてもきっと、きっとBUNさんには感謝しているはず。
いつかきっと、BUNちゃんも、あの時ああしておけば良かったっと後悔をしないで済む日が来ると思います。

先日、私は義父を亡くし、いろいろと考えることがありました。
後悔も、割り切れない思いも…
そんな思いをしないで欲しいなと思いました。

投稿: たっつみぃ | 2008年5月 1日 (木) 19時03分

ち~様
ち~さんsign03だぁぁいすきheart04
ありがとう!!

「ありがとう」を言うようになったら気をつけます!!
うふふ。これでいいのですね。
 
ほんと、ち~さんの言うとおり。気持ちが軽くなります。
 

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 1日 (木) 20時58分

たっつみぃ様
いつもコメントありがとうございます。
 
たっつみぃさん!!
私はたっつみぃさんに頂いたコメントのお返事にどう書こうか、どう上手く書こうか悩んでいます。
語彙があまり多くないので、上手にたっつみぃさんに伝える事ができるか悩んでいるのです。
 
でもイロイロ書くのは止めました。
ただ一つだけです。
 
本当に感謝しています。
heart04heart04heart04heart04

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 1日 (木) 21時06分

こんばんは...
今日のブログとっても考えさせられました

BUNちゃん偉いし優しい...
BUNちゃんってすごいなって思いましたshine

おばさまのズボンあんなに頑張って作ってたもんね
もっともっと喜んだ顔見たかったよね
でもおばさまもBUNちゃんの優しさ気づいてるはずだから

お父さまもBUNちゃんありがとうって思ってると思うし...
BUNちゃん優しいもん
私も月に2回くらい父母の顔を見に行きますが
会うたびに歳とったな〜って思います
今のうちにもっともっと親孝行しておかないとって思いますが
なかなか.....
でもBUNちゃんは偉いよ〜shine

投稿: TOM | 2008年5月 1日 (木) 22時07分

こんばんは。
ここに私がコメントするのも申し訳ないのですが・・

叔母様もお父様も凄くBUNちゃんさんに近い存在なのですね。
心の中ではBUNちゃんさんの笑顔がとても嬉しいと思います。
お孫さんも笑顔の元かなと思います。
あぁでも辛いですよね。

でもお二人にとっては正直な(というか愛想がいらない)気持ちを
表せる人がいるという事はとてもいいのではないかと思います。
偉そうな事言ってすみません。

父が仕事をしていない期間、いろんな体の不調があらわれました。
字が読めなくなったり、帯状疱疹ができたり。
でも私は症状がでるまでストレスに気がつきませんでした。
BUNちゃんさんはよく気遣っておられると思います。

投稿: tomo | 2008年5月 1日 (木) 22時22分

う~ん・・・
どうもこの年代の人は口数が少ない・・・
いや年代は関係ないのか性格なんでしょうか・・

きっとなんでもしてくれているから当たり前になってしまっているのかもね・・・
照れくさかったんだわと無理に思っちゃいましょう!
(それこそ無理かしら・・・)

私もいろいろあったけど・・・

メゲるな!BUNちゃん!

投稿: BUN | 2008年5月 2日 (金) 03時57分

TOM様
いつもコメントありがとうございます。
 
TOMさん!!ありがとうheart04
みんなに「ありがとう」ばかり言って、「ありがとう」の大安売りです。
でも、本当に感謝の気持ちでイッパイ。
 
私の信条は親孝行はしない!です。親孝行なんてして安心させたらポックリいかれちゃいます。
適当に心配させておいた方が頭もボケないだろうし、心配でポックリもいけないだろうし・・・・bleah
でも、「適当」でないと駄目なのです。心配が大きすぎると心配するのが嫌になってポックリ行かれてしまう気がします。
 
TOMさん。ありがとう。
TOMさんの素敵なお庭で癒されています。

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 2日 (金) 08時23分

tomo様
いつもコメントありがとうございます。
 
トランペットの練習ははかどっていますか?もうすぐですねぇ。練習の成果がでますようお祈りしてます!
 
ストレスってひとそれぞれですよねぇ。
ストレスを感じていなくても身体は敏感です。
父も伯母も家の中に閉じこもってばかりです。今度はむりやりにでも外に連れ出そうと思っています。
 
心配してくださってありがとうございます。
根がお気楽なので頑張って乗り切ってみようと思います。
本当にありがとうございます!!!!

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 2日 (金) 08時27分

BUN様
いつもコメントありがとうございます。
 
BUNさんは早起きですネェ。
コメント頂いた時間は私、夢の中でございます。
お忙しいですか?無理しないで下さいね。
 
BUNさんもイロイロと悩める事が多いのに(多い?)ありがとうございます。
 
そうですねぇ。
照れくさいのですねぇ。
まったく、それならそうと言ってよhappy02
 
ありがとうございます。

投稿: 壱番館のBUNちゃん | 2008年5月 2日 (金) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/458586/20683069

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔の行方:

« 出来上がった《オバちゃんズボン》 | トップページ | この痛さはエコ的生活への第一歩? »